勝てる市場を見出し売れる商品開発を支援します

市場情報とは

  • HOME »
  • 市場情報とは

市場情報・分析とは

市場情報とは、特定分野におけるプレイヤー、市場規模、シェア、市場成長性などの情報であり、様々な機関が市場情報を提供しています。使い勝手がいいのが国の機関(経済産業省、厚生労働省、環境省など)が定期的に発行している統計データです。また、業界団体や民間のマーケットリサーチ会社、研究機関なども市場情報を提供しているので、これらの情報を活用しながら分析を行います。

市場分析とは市場情報を加工することですが、よく用いられるのがフレームワークを使う手法です。フレームワークは定型的な形に情報を当てはめていき市場を一覧できる図に落とし込むことです。そうすることで市場での情報から様々な事象を読み取ることができるようになります。ここではファイブフォース(5F)とポジショニングマップというフレームワークについて簡単に説明します。

ファイブフォース(5F)

ファイブフォース(5F)は「市場」、「顧客」、「サプライヤー」、「新規参入者」、「代替技術」の5つに分けて、どのようなプレイヤーがいるか示したものです。市場全体を俯瞰するために有用なフレームワークであり、マーケットシェアなどの情報を加えるとより勢力関係が明確になります。

ただし、顧客情報、競合情報、サプライヤー情報、新規参入者、代替技術など様々な情報を整理しなければならないため、詳細なマップにしようとするとかなりの労力がかかります。また、顧客や競合、新規参入者や代替技術などは簡単に調査することができない場合が多く、完全なマップを作成することはかなり難易度が高いのです。

したがって、ファイブフォースを作成する場合には、最初から完全なマップを作成するのではなく、集めやすい情報からフレームワークに組み込んでいくことから始めるといいでしょう。要は、市場には様々なプレイヤーがいて、それらを意識しながらビジネスをすることを心がけることが大事です。

図で縦軸の流れがサプライチェーンであり、顧客の先にいるエンドユーザーまでの流れを意識して作成することは戦略を立案する際に非常に重要となります。特に直接の顧客のみならずエンドユーザーまでの流れがわかると、自社が販売している商品が今後増加するのか減少するのかを予測することが容易となります。また、競合との競争を意識しながら自社と競合との各顧客ごとのシェアがわかると自社の強みや弱みを知ることができます。

そうはいっても、競合の情報はお客さんに聞いても教えてもらえない事が多いでしょう。そのような場合にはサプライヤーから聞き出すという手があります。サプライヤーは自社のみならず競合にも材料・部品を納めている場合があり、競合の動きを教えてくれる可能性があります。

横の軸は競合状況を表しており、その市場が魅力的であれば新規参入者が必ず現れます。また、市場における技術よりも優れた技術(代替技術)が現れると既存の技術が陳腐化してしまい、自社の商品が売れなくなる恐れが生じます。技術者としては特に横軸の競合状況を把握することが非常に重要となります。

ポジショニングマップ

ポジショニングマップは簡単なマップなので比較的よく作成されますが、実際に役に立つ図を描くことはかなり難しい作業となります。弊社で推奨しているのは、縦軸にユーザーニーズを取り、横軸に商品の機能を取る方法です。そうすることでユーザーニーズに対する商品機能という切り口での自社の立ち位置を知ることができるからです。また、ユーザーニーズも様々に変更して、対応する機能を横軸にとりながら複数のマップを作成することで、その市場における各企業・商品のポジションを明確にすることができます。

ファイブフォースにしてもポジショニングマップにしてもマップを作成するだけでは意味がありません。作成したマップから何を読み取るか、今後自社はどう動くかという皇后に結び付けられなければマップを作成することは徒労になるでしょう。要は、目的意識を持ってマップを作成することが大事なのです。

 

 ⇒特許・市場情報の使い方

 ⇒商品開発の考え方・流れ

 

TEL 03-5903-8070

PAGETOP
Copyright © 株式会社アイピーアトモス All Rights Reserved.