勝てる市場を見出し売れる商品開発を支援します

特許情報とは

  • HOME »
  • 特許情報とは

特許情報とは

特許はデータベースとなっているため、情報の検索、整理や分析に効果的です。特許はフリーキーワード、FI記号、Fタームといろいろな方法で検索ができます。FI記号やFタームといった分類がされているために、特許情報は非常に使い勝手位のいいデータベースとなっています。

フリーキーワードは普通の言葉です。とっつきやすいのですが、誤差が大きいため単独で使うと、ノイズが多い割には漏れやダブリが多くなる傾向があります。フリーキーワードのみの検索はかなり言葉を選んで使う必要があります。

フリーキーワードに代えて、またはフリーワードと一緒に記号を用いて検索を行うとより効果的に検索を行うことができます。記号は特許庁が特許ごとに分析してつけるものであり、FI記号とFタームとがあります。(図参照)

FI記号は国際分類(IPC)を日本の産業に合わせた形で細分化したものであり、IPCと相関関係があります。分類は樹形図的な構成をしていて(図参照)、大から小へと分岐しています。そのため、体系的に特許を検索することができます。

一方、調査したい項目(例えば色々な「用途」を見たい場合など)がアチコチに分散することがあります。そういう場合にはちょっと使い勝手が悪かったりします。また、分類の範囲としてはやや広めな場合があり、ノイズが多く含まれる場合があります。

Fタームは日本独自の分類方法であり、テーマを決めて目的や構成などが分類されたものです。テーマは膨大に用意されており、テーマごとに「観点」を設けていろいろな分類をしています。

そのテーマに関して調査したい項目が分類されているて、上手くハマると使い勝手がいいものです。特に、用途や目的、課題などが記載されているFタームはその分野を分類するのに重宝します。

特許情報は検索をするとものすごい数がヒットします。とてもいちいち読んでいられません。そこで、調査情報を読み解くためにはマップ化することが効果的です。

マップ化するには検索した特許情報をcvs形式でダウンロードし、特別なソフトでマップを図を描く必要があります。特許情報は検索の仕方や図の書き方で結果が変わるものですが、大事なのはマップを作ることではなく、マップから情報を読み取ることです。別な言い方をすれば、意味のある情報が読み取れないのなら、マップを作る意味がありません。何を目的として、どのような情報が必要かということを意識しながらマップ化する必要があるのです。

 

 ⇒市場情報とは

 ⇒商品開発の考え方・流れ

TEL 03-5903-8070

PAGETOP
Copyright © 株式会社アイピーアトモス All Rights Reserved.