勝てる市場を見出し売れる商品開発を支援します

補助金の活用

  • HOME »
  • 補助金の活用

補助金は企業にとって効果的な資金調達手段です。
弊社では補助金に関する支援も行っており、定期的に補助金に対する情報を提供しております。

補助金とは

国の補助金は大きく分けると経済産業省系厚生労働省系に別れます。


経済産業省系の補助金は研究開発や設備投資などものづくりに係るものが多くあります。
一方、厚生労働省系の補助金は人材教育や福利厚生に係るものがほとんどです。

補助金をもらうためには、補助金申請書を作成して、担当となる窓口に提出する必要があります。

しかし、国や都道府県、市町村が公募している補助金制度は3000種類以上あると言われており、自社が利用できるものを見つけるだけでも一苦労です。

また、補助金はいつでも申請できるわけではなく、募集期間があります。
多くの例では募集開始ら1カ月から2カ月程度であり、予算がなくなったら募集終了となることも多く、募集開始時期もさまざまです。


補助金をもらうためには、自社が活用できそうな補助金制度を見つけたら、募集された時期と募集期間を覚えておいて次回の募集のために準備をしておくことがたいへん重要となります。

 

そんな面倒くさい補助金を上手に活用するために、以下に補助金に関する情報を載せていきます。

  1. 補助金の種類と募集開始時期を知る
    現在は実に多種多様な補助金があります。その多様な補助金の中で自社に適した補助金を見つけることが補助金申請の第一歩となります。
  2. 補助金を申請できる会社の条件の注意点
    補助金は誰でも申請できるものでは有りません。申請のための要件に適合していないと書類審査をしてもらえないのです。自社がその補助金に適しているかどうかをよく確認することが重要となります。
  3. 補助金をもらうために必要なこと
    補助金に採択されるためにはその条件を満たさなければなりません。重要なのは条件を満たしていることだけではなく、そのアピールを十分に行うことです。条件を満たしているにも関わらず、アピールが下手で採択されない企業が実に多いのです。
  4. 何が変わる?2020年ものづくり補助金
    長年に渡りものづくり補助金が交付されていますが、今年はかなり大掛かりに変わります。従来のままと同じ感覚で臨むと、採択されることは難しくなるでしょう。
  5. 補助金の審査とは  ~審査する側の心理状態~
    経産省系の補助金は審査があります。審査をする人は経営の専門家であることが多いのですが、審査をする際のポイントみたいなものがあります。そのポイントを知っておくことで採択されやすい申請書を書くことができるのです。

 採択されやすい補助金のセミナー情報はこちら➡

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5903-8070 9:30-17:30(土・日・祝日除く)

補助金セミナー情報

ものづくり補助金に関するセミナーを開催します(3月12日)
詳しくはこちらから➡

PAGETOP
Copyright © 株式会社アイピーアトモス All Rights Reserved.