勝てる市場を見出し売れる商品開発を支援します

ブログ

Aセクションの出願傾向

前回、特許出願傾向をFIで見てみたが、A~Hまでのセクションごとに見ていきたい。  Aセクションの出願傾向はA61(医学、獣医学)が圧倒的に多い Aセクションはさまざまな分野に分かれている。その中でもA61(医学、獣医学 …

特許情報をマーケティングツールとして活用する

売上の低迷などにより他分野への進出を考える際に重要なのは自社の強みや特徴をきちんと把握して、強みを生かせる分野に出ることです。特許情報は技術情報データベースですが、マーケティングツールとして活用できます。 つまり特許情報 …

ウニの自動殻むき機を調べる

以前、ウニの自動殻むき機についての相談を受けました。その会社はウニを購入して殻をむき、殻つきのまま高級料亭などに出す事業を営んでいます。ウニの殻むきは人海戦術であり、年間の人件費が数千万円かかっているため、自動機があれば …

新たな市場を見いだすための特許マーケティングの使い方~自社の特徴を特許情報分析から知る①~

特許情報をマーケティングに使う、いわゆる「特許マーケティング」という考え方が最近になって言われ始めている。ここでは、実際の会社を例にとって、具体的な「特許マーケティング」のやり方や分析の仕方について解説する。 売り上げ低 …

特許情報の使い方(Fターム)

前回のブログでは、伝動装置を製造販売しているメーカーについてFI記号を用いた分析を載せました。特許ではもう一つFタームという記号があります。この記号を用いるとどのような分析ができるか見てみます。 上図は、縦軸にFタームの …

特許情報の使い方(FI記号)

特許情報の活用方法として、マーケティングツールとして使う方法があります。以下にA社を用いた事例を示します。 A社は主に自動車用にお部品(ギア・シャフト、カムシャフト、トランスミッションギアな)を製造しているメーカーです。 …

特許情報から世の中の動きを知る(2019-06)~FI記号で6番目に出願件数が多いのがA63F(ゲーム関連)~

A63F(ゲーム関連)の中でダントツに多いのがA63F7/00(小遊技動体たとえば,ボール,円盤,ブロックを用いる室内用ゲーム;パチンコ等) 2007~2016年の10年間で、FI記号で6番目に出願件数が多いのがA63F …

特許情報から世の中の動きを知る(2019-05)~FI記号で五番目に出願件数が多いのがG02B(光学要素,光学系,または光学装置)~

FI記号で五番目に出願件数が多いのがG02B(光学要素,光学系,または光学装置) 2007~2016年の10年間で、FI記号で五番目に出願件数が多いのがG02B(光学要素,光学系,または光学装置)です(図1参照)。G02 …

特許情報から世の中の動きを知る(2019-04)~FI記号で四番目に出願件数が多いのがA61K (医薬用,歯科用又は化粧用製剤)~

FI記号で四番目に出願件数が多いのがA61K (医薬用,歯科用又は化粧用製剤) 2007~2016年の10年間で、FI記号で三番目に出願件数が多いのがA61K (医薬用,歯科用又は化粧用製剤)です(図1参照)。A61Kは …

特許情報から世の中の動きを知る(2019-03)~FI記号で三番目に出願件数が多いのがH04N (画像通信)~

FI記号で三番目に出願件数が多いのがH04N(画像通信) 2007~2016年の10年間で、FI記号で三番目に出願件数が多いのがH04N (画像通信)です(図1参照)。画像はテレビやパソコン、カメラ、スマホ、ゲームなど様 …

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社アイピーアトモス All Rights Reserved.