勝てる市場を見出し売れる商品開発を支援します

知財を生かした経営をする

「知財を生かして経営すること」をIPランドスケープといいます。

IPランドスケープとは「知財を中心とした自社や競合他社の市場での位置づけ、市場の研究開発動向、特許等の技術情報、マーケティング等の情報から、現状の自社の市場ポジションや将来の展望等を示し、戦略の切り口を提供する活動」をいいます。

「知財を生かして経営すること」で単なる市場情報のみならず、技術情報を含んだ総合的な戦略を策定することができます。

しかし、知財を生かした経営を行うことは困難を伴います。それは、知財の目的(権利化)と経営の目的(利益の追求)が異なるからです。

そこで、弊社では知財の目的を権利化ではなく、特許情報等を用いた商品開発第二の創業という観点から知財と経営を結びつける活動をしています。特許情報などから得た情報とマーケティング情報を組み合わせることにより商品開発や第二の創業への新たなアイデアを容易に得ることができるのです。

第二の創業の考え方

企業が成長するためには新しい事業(第二の創業)を成功させることが必須です。しかし、成功させるためには様々な課題があります。

(第二の創業を展開するための研究開発における課題)

  • 必要な技術・ノウハウを持つ人材が不足している
  • 研究開発に多額の費用がかかる
  • 研究開発で得た成果を新製品・サービスの実用化に結びつけられない
  • 研究開発に時間がかかり、市場の変化のスピードに間に合わない
  • 研究開発で得た成果をコストの削減に結びつけられない
    (平成17年度中小企業白書より)

上の課題はすべて自社の能力を大きく超えた開発を試みた結果生じたものです。しかし、自社の能力の範囲内で、かつ売れる新商品を見出すことはかなり困難です。この課題を会社内のみで解決することは通常かなり困難を伴います。

そこで弊社では、新商品開発・新事業展開に悩んでいる企業の方に対し、特許情報マーケティングを組合せて、貴社が「参入すべき市場・勝てる市場」を見出すお手伝いをしております。

特許は技術情報の宝庫であり、様々な企業の技術情報開発動向を知ることができます。また、出願している企業名や商品に関する情報も得られるためマーケティングの情報としても活用できるのです。

そのため、特許情報マーケティングを組み合せることで、「市場ニーズを十分に把握」して、「自社の強みを活かせる事業」を見極めることが可能となるのです。

ブログ

新たな市場を見いだすための特許マーケティングの使い方~自社の特徴を特許情報分析から知る①~

特許情報をマーケティングに使う、いわゆる「特許マーケティング」という考え方が最近になって言われ始めている。ここでは、実際の会社を例にとって、具体的な「特許マーケティング」のやり方や分析の仕方について解説する。 売り上げ低 …

特許情報の使い方(Fターム)

前回のブログでは、伝動装置を製造販売しているメーカーについてFI記号を用いた分析を載せました。特許ではもう一つFタームという記号があります。この記号を用いるとどのような分析ができるか見てみます。 上図は、縦軸にFタームの …

特許情報の使い方(FI記号)

特許情報の活用方法として、マーケティングツールとして使う方法があります。以下にA社を用いた事例を示します。 A社は主に自動車用にお部品(ギア・シャフト、カムシャフト、トランスミッションギアな)を製造しているメーカーです。 …

特許情報から世の中の動きを知る(2019-06)~FI記号で6番目に出願件数が多いのがA63F(ゲーム関連)~

A63F(ゲーム関連)の中でダントツに多いのがA63F7/00(小遊技動体たとえば,ボール,円盤,ブロックを用いる室内用ゲーム;パチンコ等) 2007~2016年の10年間で、FI記号で6番目に出願件数が多いのがA63F …

特許情報から世の中の動きを知る(2019-05)~FI記号で五番目に出願件数が多いのがG02B(光学要素,光学系,または光学装置)~

FI記号で五番目に出願件数が多いのがG02B(光学要素,光学系,または光学装置) 2007~2016年の10年間で、FI記号で五番目に出願件数が多いのがG02B(光学要素,光学系,または光学装置)です(図1参照)。G02 …

PAGETOP
Copyright © 株式会社アイピーアトモス All Rights Reserved.